産後うつ 原因

産後うつは女性ホルモンの急激な変化が原因?

産後うつとは、赤ちゃんを出産した後、2〜3週間後から発症し、短くても1か月、長い場合は1年、2年と年単位の間、強い悲壮感や食欲不振、今迄問題なくこなせていた日常の家事などができなくなったりする、うつ症状のことを言います。

このような産後うつの原因は今のところ明確になっていませんが、出産する事により起こる、エストロゲンやプロゲステロンなどの一部の女性ホルモンの急激な変化が産後うつを引き起こす原因の一つと言われています。

 

また、この他の原因としてお産による環境の変化などもあげられています。

 

例えば、慣れない育児、育児に伴う睡眠不足、肉体的疲労、パパや周りの助けを得られない不満や怒り、社会から取り残される孤立感などです。

 

産後うつになりやすい人のタイプは、

  • まじめ
  • 努力家
  • 完璧主義
  • 責任感が強い

タイプの人です。

 

これらのタイプの性格の人は、何事も自分ひとりで抱え込んでしまい、上手く周りに助けを求める事ができません。
そして、その結果うまくいかないと、自分を強く責めて苦しくなってしまいます。

 

育児に追われて、家事がうまくこなせない事への罪悪感や不慣れからくる失敗を自分の能力が足りないせいだと、ひどく自分を責めたり自分ひとりで全てを完璧にこなさなくてはいけないという強いプレッシャーから発症してしまいます。

 

自分が産後うつを発症しているかどうかは、その渦中にいる本人がまったく気づいていない場合も多く、知らず知らずのうちに自分を追い詰めてしまいとても危険です。

出産後は、パパや周りの人もママがうつになっていないかどうか良く気を配ってあげましょう。

 

また、手伝える事は積極的に手伝い、ママに独りじゃないよと安心してもらえる環境を作りましょう。

 

産後うつは病気です。
最悪の場合には、自殺や子供への虐待行為などを引き起こす原因となります。

 

急に感情の起伏が激しくなったり、出産前に出来ていた事が出来なくなったりなど、気になる点があるようならば一度病院に行って相談してみましょう。

 

 


 
HOME 2ヶ月間改善法 プチ認知療法 家族への対応マニュアル