新型 うつ病 チェック

新型うつ病とは?

「新型うつ」とは、まさに名前の通り従来のうつとは一線を画す症状のことをいいます。

 

通常のうつは真面目な人、思い込みが激しい人ほどなりやすい傾向にあり、仕事のプレッシャーや人間関係でのストレスなど、一見ささいな事も引き金となり発症してきました。

 

症状は様々ですが、睡眠障害、食欲不振、感情の起伏が極端になったり、一日中無気力になってしまったり。
多くの方はそんな自分を責めてしまうスパイラルに巻き込まれがちです。

 

けれど新型うつは、従来のうつの症状も勿論含まれる場合もありますが、
年齢が若年者である20代〜30代のいわば働き盛りの人に起こりやすくなっています。

 

特に症状として、仕事や環境の中で責任を持ってこなすべき物事を達成出来ず、投げ出しがちになってしまう状態が多く見受けられます。
例えば仕事を急に休むわりに友人と出掛ける事は可能だとか、自分の感じるままに人や業務を遠ざけるだとか、時には周囲のせいにして自分を守ろうとしてしまうといった具合です。

 

しかし周りから見れば「無責任だ」とか「中途半端だ」などと思われがちですが、本人にとっては大問題。
なぜなら症状が明確になればなるほど、新型うつは進行しているとも言えるからです。

 

原因の多くは仕事や人間関係ですが、それらはどうしても生活とは切っても切り離せないもの。

 

もしこれを読んでいるあなたやあなたの周りで「前から気になってはいたけれど、新型うつと自覚するのが怖い」という方向けに、こちらのセルフチェックでぜひ、自分の心に聞いてみて下さいね。

 

 

やらなくちゃいけないと仕事の事を考えるだけで眠れない。または起きられない。
仕事が日に日に辛くなっている。
最近、急病というほどではないけれど休んだり、早退したりした。
無気力になっていても、親しい友人や家族となら外出や旅行は可能だ。
「こんなに辛いのに誰一人理解してくれない」「会社の上司や同僚のせいでいつも気持ちが沈む」という思いに駆られる事がある。

 

 

以上の中で少しでも当てはまる方は、まずは近くの専門医を訪ねてみましょう。

 

治療には従来のうつと同じく、
基本は投薬とカウンセリング、そしてたっぷりの休養と周囲の理解が必要だからです。

 

一人一人によって具体的な処方箋も変わってきますから、完治の時期も違いますが、まずは自覚し治療に専念しようとする気持ちが大事なのです。

 


 
HOME 2ヶ月間改善法 プチ認知療法 家族への対応マニュアル