産後うつ 治療

産後うつの治療内容とは

産後うつは出産後2〜3週間後から発症し、重症化すると、うつ病になってしまう可能性がある病です。

 

産後うつはママの性格とママの置かれている環境によりその症状が強く出たり、軽度ですんだり症状の程度に差が出ます。

 

その症状は夜よく眠れなくなったり、いつも不安感があったり、記憶力や集中力が低下して日常生活がうまく送れなくなったり、自分には生きている価値がないと自己否定したりなど、まさに、うつ病と同じような症状になります。

 

しかし、産後うつは、その原因が出産による女性ホルモンの急激な変化にあり、この点がうつ病とは異なります。

 

産後うつの治療は、薬物療法とカウンセリングによります。

 

産後うつはその症状が軽度であれば、ママの家事や育児の負担を減らしてあげられるように、パパやおじいちゃん、おばあちゃんなどの周りの人が積極的にサポートしてあげる事やママの体のホルモンバランスが整ってくることにより自然に快方へ向かう場合があります。

 

しかし、症状が2週間以上続く場合には、やはり精神科や心療内科などの専門医に一度診察してもらいましょう。

 

専門医の診察を受けて薬物療法やカウンセリングが必要と診断された場合は、パパや周りの人に甘えて焦らず、ゆっくりと休養しましょう。

 

特に向精神薬による薬物療法は、その効果はとても期待でき、投薬後、数か月〜1年くらいで改善が見込まれます。

 

問題点としては、投薬される向精神薬の種類によっては授乳を断念しなければならない点です。

 

せっかく母乳で育てようと頑張っていたママには、つらい事ですが、あまり深刻にならず、まずは自分の体を癒すことを一番に考えましょう。
ママがにこにこ元気でないと赤ちゃんも敏感に察知してしまいますよ。

 

また、産後うつは薬物療法とカウンセリングで治すことができますが、あまりにも症状がつらい場合には入院するのもよい治療法です。

 

入院して環境を変えると、様々なストレス要因から解放されるのでそこから快方へ向かう場合も多いです。

 

治療の方法は、ママの性格や周りの人のサポート状況により様々です。
おかしいなと思ったら、まずは早めに専門医の診察を受診しましょう。

 


 
HOME 2ヶ月間改善法 プチ認知療法 家族への対応マニュアル