産後うつとは

産後うつのチェック方法

 

産後うつとは、今まであまり表へ出てこなかった、女性特有の症状のこと。
ですが現在、多くの産婦人科でもお医者様から口にされたり、テレビで取り上げられたりする機会も増えてきました。

 

これは女性が子育てをしていく上で、非常に助けになる環境だと思います。
でもその半面、実際に出産体験をした事のない人や、産後うつを発症しなかった人の一部には、理解してもらえないのも事実です。

 

そもそも産後うつは、何故起きるのでしょうか。

一番の原因は、出産を経験する事によって

女性の体はホルモンバランスが著しく変化するからでしょう。

 

よく、出産後に「好みが変わった」だとか「気持ちの面で生まれ変わったように違う」など、
聞く事がありませんか?
いわゆる母性が芽生え、それまでの精神面だけでなく身体面も大きく影響を受けるのです。

 

それだけ大きな変化が体に起きた場合、環境やストレスなど様々な原因で発症しやすい従来のうつが起きる事も理解しやすいでしょう。

 

従来のうつ病と同じく、無気力、精神疲労、睡眠障害にくわえ、産後うつの場合、いらいらとネガティブな感情にさいなまれたり、感情の波が激しくなりやすかったり。

 

実際、日本女性の産後うつの比率として、7割近くの人が経験しています!

これは驚くべき数値ですし、しかもその半分の割合の女性は、新米の母親であると同時に産後うつと長期間付き合っていかなくてはならないのです。

 

現在の女性は例えば共働きであったり、家庭内の事を任される比率が高かったり、そして更に子育てに奮闘するのですから相当なストレスが生じていると思われます。

 

また、これも大切な事なのですが、うつ病とは先天的な病気であるとも言われています。
お子さんに遺伝するその比率は決して低くはないのです。

 

ですのでぜひ、産後うつについて少しでも気になった方は早めに受診される事をおすすめします。

 

周囲の方々も、産後うつをお持ちの方への接し方にはくれぐれも注意し、きちんと辛抱強く向き合って頂く事が大事です。

 

うつ病の家族への対応マニュアル

 
HOME 2ヶ月間改善法 プチ認知療法 家族への対応マニュアル