冬季 うつ病 症状

冬季うつ病はなぜ起こるか?原因

 

うつ病の中でも、冬の間だけ体の倦怠感がある、またはやけに落ち込んでしまう症状が実は、あるんです。
その名も「冬季うつ病」あるいは「季節性うつ」と言われています。

 

身に覚えのある方もいるかもしれませんね。

 

本来うつ病とは、治る時期が人それぞれなもので、長期戦の病気な事が一般的にも定着してきました。
症状も千差万別で、無気力、睡眠障害、引き蘢り、被害妄想など決まりきったパターンもないため、
捉えどころの無い難しい病気とお考えの方もいるでしょう。

 

さて、この冬季うつと従来のうつとはどういった違いがあるのでしょうか。

 

まず冬季うつは、おおよそ秋から冬にかけてと期間が限定されています。

 

症状としては思いがけず体重が増えたり、食事に時間を掛けるようになったり(とくに炭水化物がよく挙げられています)、行動することが面倒になったり、寒さに比例して睡眠時間が増えたり。

 

温かくなった頃にいつのまにか治っていて、
うつ病としての自覚をほとんどもたないのも特徴と言えるでしょう。
従来のうつ病は季節柄を問わず、睡眠が浅くなったり食欲が無くなったりしますから、
一見、冬季うつの場合は健康的にさえ感じるかもしれません。

 

しかしこうしたささいな事も、チェックは必要。
やはり気持ちの面では普段と違った印象を受けている筈なのです。

 

「今日はどこにも出掛けたくないな」とか「どうしても疲れがとれない、だけど無性に何か食べたい」など。
それはうつ病が、体の機能と密接に関わりを持っているからだと言われています。

 

そもそもなぜ冬季だけ、こういった症状が引き起こされてしまうのか?

 

それは、

太陽光が一番少ない季節である事が最もの原因だと科学的に解明されています。

つまり人が生きていくために、それも活動的に日々を充実して暮らしていくためには、
日光がとても重要なのです。

 

近年、冬でも紫外線を気にして外出を極力避ける人や、寒いからといって屋内ばかりに関心を持つ人が
増えています。

そうすると、一年を通して平均的に浴びてきた日光の影響が極端に減った事になり、結果、冬季うつ病へと繋がってしまうケースも。

 

だからこそ日光を浴びる事で、ホルモンや、体温や、体内活動を大変活発にする事ができるという驚くべき効果があるようです。

 

実際、

日光を浴びる事で多くの場合、症状を緩和できる
という事例も多くあります。

 

今年の冬は、寒さや紫外線などを防ぎながらも、
冬期だからこそ出来る屋外での活動に注目してみましょう。
太陽光をたっぷりと浴びる事で、しっかり冬季うつ病を予防する事が出来ますよ。

 


 
HOME 2ヶ月間改善法 プチ認知療法 家族への対応マニュアル